青空のむこう~どらちゃんのアニメ恋旅~

アニメの画像・キャップ感想を中心に~ ライトノベル・漫画・ゲーム のレビューを思ったことを勝手キママに書いています! ~Blue Sky~

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第4話 感想



結局のところ何がしたいのよ?

いまいち意図がつかめない。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第4話「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」
はじまります



なにをやっていたのか
全世界へのヴァンパイアバンドのお披露目会。



子供たちとの縄跳びは、子供っぽらしさが出てて安心というか良かった。
見た目相応ですw
本当は年をとりまくっているようですが。




デルマイユ侯爵はミナ嬢のことを考えてはいるが
血族を第一とする古人考え。



重要
始祖の血であるミナ嬢自身の死は種そのものの滅びを意味する。

アキラは危険かえりみずミナ嬢のためなら突っ込むのは分かった。
ヴォルフガングの指示で爆弾を投げる・・・理由はわからないが解決。



「これが吸血鬼の世界だ」
まぁ肉眼でみればねーそりゃ信じるかないよなw
演出と考えるには雰囲気というものが違うだろか。

「どうしてもというからしてやったのじゃ」



照れるミナ嬢が可愛い


結局のところこれに尽きるw

次回 第5話「シャドウ オブ ヴァンパイア」

関連記事
スポンサーサイト

| ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/29 06:07 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。